top of page
EF7C5041-FC4D-4B8F-B831-494C0F849246.jpeg

​寺本 ゆうか

 臨床歴10年

−資格−

はり師・きゅう師

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

せんねん灸セルフケアサポーター 

−略歴−

1990年生まれ

2013年 関西医療大学 鍼灸学科 スポーツトレーナーコース 卒業

      はり師・きゅう師/日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー   資格取得

2013年〜西宮市内鍼灸整骨院・神戸市内鍼灸院に勤務

2020年〜神戸市御影山手内にてはりきゅうサロン〜yuragi〜

−自己紹介−

生まれも、育ちも神戸です。

好きなことは、 食べること・ 旅行・本を読むこと・散歩。

初めて一人旅で訪れた、バリ島のウブドにすっかり魅了され、そこからバリ島の虜となりました。

国内では、奄美大島も素敵でした。海や山、自然の流れをゆったり感じられるところ、人が優しい場所に魅力を感じるようです。

ほかにも、アロマやハーブなどの自然療法や、食養生を意識した自然食に興味があり、日々の生活に少しづつ取り入れたりしています。

​プロフィール

​ごあいさつ

数ある鍼灸院・鍼灸サロンのホームページから当サロンを見つけてくださり、誠にありがとうございます。

当サロンは、神戸市東灘区の御影山手にある一軒家の一室で、お一人お一人のご縁を大切に、女性のおからだの不調や痛みを改善しながらも、日常の疲労を癒していただく小さな鍼灸サロンです。

鍼灸師を目指したきっかけ

小さい頃から体を動かすことが好きで、スポーツを見ること、人体の仕組みや運動学に興味があった学生時代。スポーツ現場で治療している鍼灸師の存在を知り、自分も怪我や痛みを治せる人になりたい、という思いから鍼灸師の道を目指しました。資格取得後は、鍼灸整骨院に勤務し、スポーツをされている方に関わらず、お子さんからご高齢の方までさまざまな症状の方を診させていただきました。

機とったのは、自分自身もからだの不調に悩み、やる気や気力がわかず心までも辛くなってしまった時。振り返ると、仕事の忙しさから生活や生活習慣は乱れた日々。後から思ったのは、急にこのような状態になったのではなく、何年もかけて身体や心の声に耳を傾けなかった結果だった、と。

そんな時に救いとなってくれたのは、やはり鍼灸治療でした。同じタイミングではじめた「セルフお灸」も実践することで、からだや心が少しづつ良い方向に変わっていく助けとなってくれました。

改めて日頃のセルフケアや養生の大切さを痛感し、からだと心は互いに影響し合い繋がっている「心身一如」を実感したのです。

それまでは、痛みや不調にフォーカスを当てすぎていたところもありましたが、からだや心を全体として捉える東洋医学の考え方・施術をより取り入れることとなりました。

「日常」の中、少でも心身を労わる時間

ついつい自分ことは後回し。頑張ることに慣れてしまっている女性は多いのではないでしょうか。慌ただしく過ぎる日々の中に、少しでも自分自身に優しく労わる時間をもっていただきたい。

鍼灸治療が「特別」なものではなく、一人一人の「日常」に寄り添い、心身ともに健やかで過ごせるようサポートさせていただきます。

おからだの不調やお困りの症状がある方、心身ともに疲労がある、癒されたいという方も気兼ねなくお越しいただければと思っています。

IMG_1746.jpeg
bottom of page